トップ > 不動産投資 > 不動産投資信託・REIT(リート)は過熱気味か?

不動産投資信託・REIT(リート)は過熱気味か?

不動産投資信託が熱を帯びています。不動産投資信託はREIT(リート)と呼ばれますが、これは、Real Estate Investment Trustの頭文字の略です。

では、一般投資家の資金をオフィスビルやマンションなどの不動産で運用し、その賃貸収益や売却益などを配当金として分配する仕組みの投資信託です。投資信託に組み入れる株式や公社債などが不動産になったと考えてると理解しやすいでしょう。

この不動産投資はアメリカで1960年に始まりましたが、REIT(リート)にならって「日本版REIT」とか「J-REIT」、あるいは単に「REIT」と呼ばれています。不動産投資信託・REIT(リート)の登場によって、それまでは個人では行うことが難しかった不動産投信が比較的小額単位から簡単に行えるようになったのが人気を集めている理由でしょう。

不動産投資信託・REIT(リート)における最大のメリットは、証券取引所に上場しているので証券会社を通じて売買可能であることでしょう。株式と同じように指し値注文、成り行き注文も可能です。

反対に不動産投資信託のデメリットとは、REIT(リート)はあくまで投資信託ですから元本保証の商品とは違い、損失発生のリスクがあることです。これは不動産投資信託・REIT(リート)に限ったことではありませんが、投資信託運用実績は市場環境などによって変動し、その運用によって生じた損益は投資家の自己責任となります。

土地バブル崩壊の苦い経験を持つ日本では、不動産投資信託・REIT(リート)への加熱に警鐘を鳴らす専門家がいることも認め、注意して耳を傾けるべきでしょう。

この記事のカテゴリーは「不動産投資」です。
投資の一形態である不動さん投資についてまとめてみました。
関連記事

不動産投資信託・REIT(リート)は過熱気味か?

不動産投資信託が熱を帯びています。不動産投資信託はREIT(リート)と呼ばれますが、これは、Real Estate Investment Trustの頭文字の略です。 では、一般投資家の資金をオフィス...

不動産における賃貸契約の注意点とは?

不動産における賃貸契約の注意点とは?

不動産における土地家屋調査士とは?

不動産における土地家屋調査士とは?

不動産入門、アパートとマンション探しのコツとは?

不動産,入門,アパート,マンション,探し

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索