トップ > 株式投資 > 株と税金、「株式譲渡益課税」、「配当課税」、株式委託手数料にかかる消費税

株と税金、「株式譲渡益課税」、「配当課税」、株式委託手数料にかかる消費税

株取引を経て得た利益は所得になりますので、当然、課税対象になります。株と税金について説明しておきましょう。

株取引における税金は次の3つになります。1.「株式譲渡益課税」2.「配当課税」3.株式委託手数料にかかる消費税、この3つが株に関わる税金です。現在時点での株に対する株式譲渡益課税と配当課税の税率は10%と定められています。例えば仮に株取引で100万円の儲けが発生した場合、その10%ですから10万円が税金としての納税額になります。

この課税される10%の内訳は、所得税7%、住民税3%となっています。ただし、これは特例措置による税率です。平成15年1月1日から平成19年12月31日までの期間限定措置で、通常は20%課税となります。 株の配当課税の場合も10%ですが、これも同じく平成16年1月1日から平成20年3月31日までの期間限定措置で、通常は20%課税となります。この特例措置期間中は、株への課税が通常の20%から半分の10%になっていますので、税制面ではメリットが図られています。

実際の利益計算から納税額の算出まで株と税金の手続きに関しては、株取引している証券会社に相談し必要な手続をお願いすることが現実的です。この特例措置期間が設けられている間に、株取引を始めるほうが利益に対する課税が半分であるゆえ有利であることは間違いありません。ある程度の余裕資金と株価判断の材料を自分で判断できるようなら、投資として魅力のある株を始めてみる好機であるといえるでしょう。

この記事のカテゴリーは「株式投資」です。
株、株式投資についてみておきたいと思います。FXと株式は良く比較されます。金融投資の主要である株式投資は、やはりはずせませんね。
関連記事

株と税金、「株式譲渡益課税」、「配当課税」、株式委託手数料にかかる消費税

株取引を経て得た利益は所得になりますので、当然、課税対象になります。株と税金について説明しておきましょう。 株取引における税金は次の3つになります。1.「株式譲渡益課税」2.「配当課税」3.株式委託手...

外国株の魅力と注意すべき点とは?

株式は日本国内だけでなく、もちろん海外マーケットで各国の株式が上場され取引されています。外国株とは、文字通りこうした海外の企業が発行する株のことで、国内および国外の証券取引所に上場されている株式を売買...

ミニ株、株式ミニ投資は株初心者に魅力ですが・・

ミニ株、株式ミニ投資は株初心者に魅力ですが、知っておきたい事柄があります。株やFXなど金融投資は魅力的です。低金利時代で利息は当てにできませんし、これから先の生活設計を考える上でも投資をまったく考えな...

貸株(かしかぶ)サービスと預株(よかぶ)について

貸株(かしかぶ)サービスと預株(よかぶ)というあまりなじみのない証券会社のサービスについて調べてみました。投資家が証券会社に株を貸すことで、期間に応じて金利を受け取れるのが貸株です。これまで貸株(かし...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索