トップ > リスクヘッジ・リスク対策 > 「ミスマッチポジション」為替ポジションと為替レートリスクについて

「ミスマッチポジション」為替ポジションと為替レートリスクについて

為替レートのリスクを考えていくと、リスク対策から反転攻勢して収益をめざす戦術も見えてくるのでしっかりと考えて見ましょう。為替レートのリスクは、同じ通貨の売りと買いを同額、同じ期間でもっていれば、為替レートのリスクは相殺されるのでリスクがまったくありません。しかし、通貨、金額、期間のうちのどれかひとつでも違ってくれば、為替レートのリスクが生じます。このことを「ミスマッチポジション」といいます。そして、このミスマッチポジションをわざと利用して利益を得ることができます。

(ケース) 3ヶ月後にドルの金利が下がり、ドルと円の金利差が縮小する可能性があるとします。こうした時は、6ヶ月の先物取引で、直物ドルを売って、6ヶ月の円を買うのに対して、直物円を売って、3ヶ月のドルを買います。そして、3ヵ月後にドルと円の金利差が縮小したときにドルを買って円を売ります。6ヶ月の円先物について、3ヶ月のドル先物を2回買うことで、ポジションをマッチさせます。ドル金利が下がったため、円との金利差分利益が出るわけです。

リスク対策から反転攻勢して収益をめざす戦術としての「ミスマッチポジション」についてはご理解いただけたでしょうか。

この記事のカテゴリーは「リスクヘッジ・リスク対策」です。
金融投資、株にせよ投資ファンドにせよFXにおいても、つねに投資リスクは付いて回ります。リスクヘッジ、リスク対策は日頃から意識しておかなければならない問題です。
関連記事

「ミスマッチポジション」為替ポジションと為替レートリスクについて

為替レートのリスクを考えていくと、リスク対策から反転攻勢して収益をめざす戦術も見えてくるのでしっかりと考えて見ましょう。為替レートのリスクは、同じ通貨の売りと買いを同額、同じ期間でもっていれば、為替レ...

外国為替相場変動のリスク管理の方法

外国為替相場変動のリスク管理の方法についてみていきましょう。為替レートのリスクの管理はどのように行われているのでしょうか?企業はリスクの管理をしておかなければなりません。問題はどのぐらいの額をリスクと...

通貨オプションによる為替相場変動リスクヘッジ方法について

為替相場変動リスクヘッジ方法について、今回は通貨オプションによる為替相場変動リスクヘッジの方法を調べてみました。 為替相場変動のリスクを軽減するためののリスクヘッジの方法にもいつくかありますが、通貨オ...

金融市場を利用しての為替相場変動のリスクヘッジ方法について

為替相場変動のリスクヘッジ方法について、今回は金融市場を利用してのリスクヘッジ方法を調べてみました。 為替相場変動のリスクを軽減するために、輸出業者や輸入業者は先物予約をしてリスクを確定してしまいます...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索