トップ > 金融用語集 > インボイスとは?インターバンクとは?fx・金融取引用語「い行編」

インボイスとは?インターバンクとは?fx・金融取引用語「い行編」

「インベストメントバンクとは? (Investment Bank)
インベストメントバンクとは、一般に「投資銀行」といわれていますが、具体的には欧米の巨大証券会社を指すことが多いです。多数の顧客を抱え、株式や社債の引き受けなど、市場を通じた企業の資金調達の仲介役、企業のM&Aなどのコンサルティング業務を行なう会社をさします。銀行市場に参加する会社もありますが、マーケットメーカーにはならずに、銀行の顧客として市場に参加している会社もあります。直訳すると、「投資銀行」となりますが、日本では証券会社の業務に該当します。

「一目均衡表」とは?
日本で昭和初期に考案されたチャート分析手法です。基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5つを使って作成します。いろいろな読み方ができますが、たとえば基準線を転換線が下から上へ抜けると買い、
上から下へ抜けると売りになるという具合です。

「インパクトローン」とは?(Inpact Loan)
インパクトローンとは、外国為替銀行が移住者に対して取り組む使途に制限の無い外貨貸付のことです。以前は、在日外国銀行に限り利用されていましたが、1980年の外為法の改正後は、邦銀が自由に取り組めるようになりました。

「インボイス」とは?(INVOICE)
インボイス(INVOICE)とは、一般的には商業送り状のことで、売買契約の条件を正当に履行した事を売主が買主にあてた積荷の明細を示した出荷案内書のことです。通関時や銀行の買取などで必要とする船積書類のひとつです。
インボイス(INVOICE)には、通常、運送貨物の明細、数量、単価、合計金額、積出地、仕向地、船舶名、船積日、荷印などが記載され、売主が署名します。インボイス(INVOICE)は、貨物の内容及び代金請求権の根拠を示す重要なものであり、各種書類を一体化する役目を持ち、船荷書類や保険証券と並んで、重要な船積書類です。また、輸出入申告でも、インボイス(INVOICE)は、必要とされていて、日本国の関税法(第68条)、関税法施行令(第60条)では、「仕入書」と記され、必須記載事項とされています。

「インターバンク市場」とは?
銀行と銀行の間で取引が行われる市場のことです。外国為替市場という場合には通常、ここを指します。これに対し、銀行が顧客に対して取引を行うのが対顧客市場です。銀行が顧客との取引で生じた為替持高のカバー、銀行自体の意図的持高操作を行います。金融機関、ブローカー(仲立人)、中央銀行で構成されています。

「インカムゲイン」とは?(Income Gain)
インカムゲインとは、「低金利通貨を売り、高金利通貨を買う」ことでスワップ金利収入を得ることです。外国為替証拠金取引(FX)では、通貨の組み合わせによりスワップ金利は異なります。取引の特性から、より安い金利通貨を売り、より高い通貨金利を買うと利益が大きくなります。

「インデックス型」とは?
主な株式指標に連動し、株式市場全体の動きを促える運用成果をめざす投信です。

「一覧払信用状」とは?(いちらんばらいしんようじょう)
一覧払信用状とは、一覧払手形の振出を要求し、手形の呈示があれば発行銀行が直ちに決済する条件のものをいい、現金信用状ともいわれます。

「一部無為替」とは?
輸出品の代金の一部が無為替で行なわれることです。

「一覧払い為替相場」とは?
為替銀行が、一覧払いで振り出された外貨表示の輸出手形を輸出者から買い取るとき、また外国輸入者から振り出された一覧払いの外貨輸入手形を、輸入者に売り渡すときの為替相場をいいます。

「委付」とは?(いふ)
委付には、「保険委付」と「免責委付」とがあります。

1.船舶保険においては、全損ではないが、船舶の修繕不能のように、被保険者にとっては経済的に全損同様の状態におちいることがよくあるばかりではなく、船舶の行方不明のように、全損になったことがほぼ確実であるのに、
その証明がつかないような事態が起こりがちです。保険委付とはそのような場合に、保険の目的物をあたかも全損にかかったものとみなして、被保険者にいち早く資本回収の道をあたえるものです

2.免責委付とは、船舶所有者が海産の権利を債権者に移転し、その限度において責任免除をうける行為をいい、相手方のある単独行為です。一定の法律効果を生ずるから委付権は形成権と解さます。

※「海産」とは、船舶所有者が、その負担する特定の債務につき、それを委付して免責を受けることができる財産の総体をいいます。

「一部引受」とは?(いちぶひきうけ)
手形の引受人(支払人)が手形金の一部を引受けることをいいます。

「一部裏書」とは?(いちぶうらがき)
手形金額の一部についてなされる裏書で、一部裏書の部分のみ無効となるのではなく、その裏書全部が無効となります。

「委託販売輸入」とは?(いたくはんばいゆにゅう)
海外取引先の委託を受けて貨物を輸入して、国内でそれを販売し、その代金を委託者に支払って手数料を受領する輸入貿易をいいます。

「委託販売貿易」とは?(いたくはんばいぼうえき)
輸出の場合は、国内のメーカーまたは貿易業者(販売委託者)が、海外の商社(販売受託者)に商品の販売を委託することをいいます。一定の手数料が支払われますが、売残りの分は委託者に積戻すのが原則です。輸入のときは反対に輸入とともに商品販売の委託をうけます。


「委託加工貿易」とは?(いたくかこうぼうえき)
委託加工貿易とは、国内の業者が海外の業者から無為替輸入により原材料等の供給を受け、これを国内において加工し、加工製品を海外の業者に引渡し、加工賃等の受領することを決めた契約をいいます。この場合において、原材料等を供給し、加工を依頼する者を委託者、反対に加工を引受ける者を受託者といいます。
委託加工貿易契約には上記と逆のケース、つまり、海外の相手方(受託者)に加工される貨物を供給し、加工後、製品を委託者が引取り、加工賃を受託者に支払う契約をも委託加工貿易として取扱うこととなっており、これを逆委託加工貿易といいます。
なお、昭和55年12月1日以降、逆委託加工貿易による貨物のうち、特定の加工に使用される特定の原材料の輸出に限り、通産大臣の承認が必要です。

「委託買付」とは?(いたくかいつけ)
商品などの供給国から直接購入の便がない場合に、その買付を在外専業者に手数料を払って買付けてもらうことをいいます。

この記事のカテゴリーは「金融用語集」です。
fx外国為替証拠金取引はじめ、金融取引には専門用語がたくさん出てきます。それら金融関連の用語集をまとめてみました。
関連記事

オプションとは?追証とは?fx・金融取引関係用語集〜「お行編」

「オプション」とは? オプションの基本形は、コールの買いと売り、プットの買いと売りの4種類あります。複雑そうに見える商品でも、分解すればこの基本形に分けられる。 逆にいえば、この4つの基本形を組み合せ...

円高・円安・円為替 fx・金融取引関係用語集〜「え行編」

「役務賠償」とは?(えきむばいしょう) 賠償支払方法の一つで、賠償の支払いには下記があります。 ・現金賠償、 ・現物賠償、 ・役務賠償 第二次世界大戦の賠償の特徴は役務賠償が登場したことです。これは、...

受取勘定の建て方ほか fx・金融取引関係用語集〜「う行編」

「受取勘定の建て方」 自国貨幣を外国為替相場の基準単位とし、これに対して外貨をいくら受け取るかという「建て方」のことをいいます。 「うち為替」とは?(一部為替) 貿易上、輸出品の代金の一部を手形金額と...

インボイスとは?インターバンクとは?fx・金融取引用語「い行編」

「インベストメントバンクとは? (Investment Bank) インベストメントバンクとは、一般に「投資銀行」といわれていますが、具体的には欧米の巨大証券会社を指すことが多いです。多数の顧客を抱え...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索