トップ > リスクヘッジ・リスク対策 > fxのマージンコールとは?マージンコールがかかってきたら?

fxのマージンコールとは?マージンコールがかかってきたら?

マージンコールとは?マージンコールがかかってきたら?

FX取引業者によって、マージンコールの条件は異なりますが、証拠金の50%の損失が出た場合、お客様に最初に警戒注意報を出します。このことをマージンコールといいます。

この時点でお客様にどうするか判断を仰ぎます。証拠金を新たに追加して、損失の%を下げて、回避するのか、あるいは、ここで決済してしまうのか選択をしなければなりません。

このときに、戦略の見直しをするための良い機会が与えられます。ここで、リスクを低く抑えて降りるべきか?あるいは、多少リスクがあっても、このまま決済しないで、証拠金を追加して攻めるべきか?戦略の再構築を行なう場が提供されます。

例えば、10万円の証拠金でレバレッジ率を10倍の100万円で取引を行います。1ドル/100円のときに100万円で米ドル1万ドルを買います。

その後に6円円高の1ドル94円になりました。これは100万円が94万円になることです。6万円含み損をしています。

証拠金が10万円ですので、6万円は証拠金の60%にあたり、この時点で50%を超え、マージンコールがかかります。

そうしますと、翌営業日の午後3時までに証拠金を追加して、50%以上を維持していくか、ここでおりて決済してしまうか判断しなければなりません。

もし維持していく場合は、ネット上でいくらの追加証拠金が必要か表示されますので、その金額を証拠金として追加します。

マージンコールを防ぐ方法としては、レバレッジ率を下げ、為替レートの下落でも耐えられる幅を十分に持つことです。

また、証拠金を50%以下にならないような金額で投資を行う。余裕をもって投資する。

いろいろな通貨ポジションを持っていたら、どれかを売却して、証拠金の比率を上げ、50%以上にもっていきます。


ついでに、リスクヘッジとしての「両建て」も考えておきましょう。

リスクヘッジのとり方のひとつの方法として「両建て」があります。例えば、米ドルの買いポジションを持っていました。

その後、米ドルが急落して、損が発生しました。通常はこの段階で損切りして、リスクを軽減するやり方をとります。しかし、ここで損切りをせずに、
同額の金額を新規で米ドル売りのポジションで持っておきます。そうすれば、これ以上の被害はこうむりません。

なぜなら、買いで損しても、売りで儲けられるので相殺されるからです。
そして、為替レートが回復した段階で決済すれば相殺されます。但し、手数料とスワップポイントに注意が必要です。

また、両建てを禁止している取引業者もありますので、すべての解決策ではありません。

fxの参考関連先情報です。情報は正確を期しておりますが、保証の限りではありません。参考までにお願いいたします。

トレビシステムプラン
福岡県久留米市上津町2228−39
0942-48-4078
外国為替取引


上田ハーロー(株)
東京都中央区日本橋室町4丁目4−10
03-5202-0801
外国為替取引

この記事のカテゴリーは「リスクヘッジ・リスク対策」です。
金融投資、株にせよ投資ファンドにせよFXにおいても、つねに投資リスクは付いて回ります。リスクヘッジ、リスク対策は日頃から意識しておかなければならない問題です。
関連記事

「ミスマッチポジション」為替ポジションと為替レートリスクについて

為替レートのリスクを考えていくと、リスク対策から反転攻勢して収益をめざす戦術も見えてくるのでしっかりと考えて見ましょう。為替レートのリスクは、同じ通貨の売りと買いを同額、同じ期間でもっていれば、為替レ...

外国為替相場変動のリスク管理の方法

外国為替相場変動のリスク管理の方法についてみていきましょう。為替レートのリスクの管理はどのように行われているのでしょうか?企業はリスクの管理をしておかなければなりません。問題はどのぐらいの額をリスクと...

通貨オプションによる為替相場変動リスクヘッジ方法について

為替相場変動リスクヘッジ方法について、今回は通貨オプションによる為替相場変動リスクヘッジの方法を調べてみました。 為替相場変動のリスクを軽減するためののリスクヘッジの方法にもいつくかありますが、通貨オ...

金融市場を利用しての為替相場変動のリスクヘッジ方法について

為替相場変動のリスクヘッジ方法について、今回は金融市場を利用してのリスクヘッジ方法を調べてみました。 為替相場変動のリスクを軽減するために、輸出業者や輸入業者は先物予約をしてリスクを確定してしまいます...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索