トップ > 外国為替取引について > fxに勝つ外国為替市場の性質と外国為替相場の変動の読み方について

fxに勝つ外国為替市場の性質と外国為替相場の変動の読み方について

fxに勝つための外国為替市場の性質と外国為替相場の変動の読み方についてです。

外国為替市場というのは、証券取引所のような特定の取引所はないことは、すでに書きました。

銀行同士が為替ブローカーを通じて取引を行います。そのため、インターバンク市場(銀行間市場)と呼ばれています。

通常、電話やネットを使って、1対1で取引がなされます。これを相対取引といい、為替ブローカー同士で金額が決定されます。

通常、個人や企業が、銀行に為替取引を依頼して行われ、外国為替証拠金取引(FX)の取り扱い業者により、買値、売値が自由に決められます。

これが、外国為替市場と呼ばれます。外国為替市場は週末(土日)を除き24時間いつでも取引が行われております。


海外に開かれ、24時間動いている相場を読むことは大変です。

外国為替相場はテクニカル分析だけでは判断できません。ファンダメンタル分析も必要になってきます。

為替相場は、刻一刻と値動きしています。しかしながら、明確にこうなったから、高くなる。こうなったから、下がるという価値基準はありません。
自由に値動きしています。テレビや新聞で毎日、USドル・日本円の為替レートをみてみればおわかりの通りです。

但し、推論として、為替レートの変動は、何かの影響をもって値動きすることは確かです。どのような影響が為替レートの値動きに影響を及ぼしているのでしょうか。

政治的な要因、経済的な要因、天変地異的な要因、紛争、戦争などが考えられるでしょうか。社会的なニュースが為替レートに大きな影響を与えます。
また、世界は米国を軸に動いていますので、米国の動向しだいで、大きく為替レートに影響を与えます。FRB議長の発言でもっても左右されます。

ですから、現在の為替相場の変動は、二国間同士の問題というより世界的な情勢の変化によって変動します。

しかし、世界情勢に変化があっても、それが理由で必ず為替相場に反映するとは限りません。

想定内であれば、折込済みなので、為替相場は動きません。為替相場に想定外のことが起こったときに動きます。

政府が発表する各種経済指標の値が予想に反したときに動きますので、前もって値を予想しておいて、その値に反したら、買い、売りを考えておきます。

fxの参考関連先情報です。情報は正確を期しておりますが、保証の限りではありません。参考までにお願いいたします。

(株)外為どっとコム沖縄支店
沖縄県浦添市牧港5丁目2−1−6F
098-871-0150
外国為替取引
http://www.gaitame.com

(株)国泰キャピタル/証券仲介部
東京都千代田区内神田2丁目10−12
03-5207-6586
外国為替取引

この記事のカテゴリーは「外国為替取引について」です。
外国為替取引の基礎知識、必要事項をまとめてみました。外貨預金、外国為替証拠金取引FXなどを始める前に、外国為替そのものの基礎を理解しておきましょう。
関連記事

外国為替のディーリングについて

ディーリングの基本中の基本は、損を食い止めることです。損切り(ストップロス)をいかに管理するかです。金融機関のディーラーは、個人の範囲の中で、ここまで許されるロスの許容範囲があります。その金額を超えて...

外国為替とは? 外国為替取引が行われるのは?

外国為替とは?ビットとオファーレートとは? 

fxに勝つ外国為替市場の性質と外国為替相場の変動の読み方について

外国為替市場,変動

外国為替とは? 外国為替取引の約9割が投機取引

外国為替とは?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索