トップ > 外国為替取引について > 外国為替とは? 外国為替取引が行われるのは?

外国為替とは? 外国為替取引が行われるのは?

外国為替とは? 外為の基礎知識その2.


外国為替取引はどこで行われてるのでしょうか?

外国為替取引はどこでおこなわれているのでしょうか?気になりますね。
その答えは、意外にも実際に取引所があるわけではありません。

外国為替市場とは、ネットワークで結ばれた全体のことを総称して外国為替市場といいます。

では具体的にはどのような市場なのでしょうか?

外国為替市場に参加するメンバーには、銀行や企業、個人も参加しています。
外国為替市場は、大きく二通りにて取引が行われています。

1.銀行間市場(インターバンク市場)
2.顧客市場

銀行間市場とは言葉が示すとおり、銀行間で取引され、銀行間レート(インターバンクレート)で取引されます。

顧客市場とは、銀行と顧客(すなわち企業や個人)が取引を行う市場です。


需要と供給の関係とは

外国為替市場ではある通貨を買えば、その通貨の為替レートは上がります。
逆に通貨を売れば為替レートは下がります。通貨は大量に買うと高くなってしまいます。「需要」と「供給」の関係です。

通貨が買われるということはその通貨の価値が上がることを指します。
また、通貨の「買い」と「売り」は対になって動いています。実際、市場では、為替レートは、例えば、113.22(買値) ? 113.25(売値)であった場合、
ある通貨を買いたいと思えば、113.25(売値)のレートで買うことになります。売る際には、113.22(買値)で売ることになります。


ビットとオファーレートとは?

外国為替レートは買いと売りが対になって動いています。
これを買い(ビットレート)、売り(オファーレート)といいます。

では、ビットレートとオファーレートの差(スプレッド)はどのように決定されているのでしょうか。

最近の銀行間の直物取引のスプレッドは2銭です。この差は、急激な変動、市場の流動性、信用力、手数料などの拡大で、スプレッドの幅が上下します。
市場の状況により、このスプレッドは変ります。この差を見ることにより、市場のリスク性、信用力が低い銀行、顧客を見定めることができます。


いろいろな通貨について

通常、国々は自国通貨を使用しています。しかしながら、その通貨は、自国内で流通されるだけで、国外で取引することはありません。
ほとんどがUSドルとの交換で海外で取引されています。

しかし、国の中にも歴史があり、経済力をもった通貨は、国外で直接取引がなされています。

このような通貨を主要通貨といい、外国為替市場で取引が行われています。
一般的な主要通貨としては、USドル、ユーロ、日本円、英国ポンド、スイスフランです。

これ以外の通貨として、カナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、中国元などが取引されています。

基軸通貨としては、USドルが国際間の貿易決済に使用されており、各国の中央銀行は外貨準備として保管しています。

fxの参考関連先情報です。情報は正確を期しておりますが、保証の限りではありません。参考までにお願いいたします。

トレビシステムプラン
福岡県久留米市上津町2228−39
0942-48-4077
外国為替取引


パフォーマンス・キャピタル(株)
東京都新宿区新宿5丁目17−11
03-5155-8620
外国為替取引

この記事のカテゴリーは「外国為替取引について」です。
外国為替取引の基礎知識、必要事項をまとめてみました。外貨預金、外国為替証拠金取引FXなどを始める前に、外国為替そのものの基礎を理解しておきましょう。
関連記事

外国為替のディーリングについて

ディーリングの基本中の基本は、損を食い止めることです。損切り(ストップロス)をいかに管理するかです。金融機関のディーラーは、個人の範囲の中で、ここまで許されるロスの許容範囲があります。その金額を超えて...

外国為替とは? 外国為替取引が行われるのは?

外国為替とは?ビットとオファーレートとは? 

fxに勝つ外国為替市場の性質と外国為替相場の変動の読み方について

外国為替市場,変動

外国為替とは? 外国為替取引の約9割が投機取引

外国為替とは?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索