トップ > 外国為替取引について > 外国為替とは? 外国為替取引の約9割が投機取引

外国為替とは? 外国為替取引の約9割が投機取引

外国為替とは?というテーマで説明していきます。外為の基礎知識その1.になります、

外国為替とはなんでしょうか

外国為替(Foreign Exchange)とは「異なった通貨を交換する」ということです。

最近は、仕事であり、遊びであり、海外の国々と身近にお付き合いすることが一般的になっています。

例えば、海外旅行へ行った場合、そこの国の通貨が使われます。日本円は、普通、そのままで海外の国々では使えません。
海外旅行へ行く際に、よく成田空港の銀行にて、日本円から行き先の通貨に変換している光景を見ます。

そうです。これが「外国為替」をしている実際です。
最近では、個人でも資産の一部として外貨を持つ人が増えています。
外貨での利回りや為替のレートの差益で利益を得ることが今、注目されています。


外国為替相場はなぜ変動するのでしょうか?

外国為替とは「異なった通貨の交換」ですが、交換をするには、商品と同じように価値判断で決定されます。「需要」と「供給」によって価格、すなわち交換するためのレートが決まります。

「需要」「供給」の決定における三要因

1.貿易取引
2.資本取引
3.投機取引(スペキュレーション)

このような取引が日常盛んに行われています。ここに通貨の「需要」と「供給」が生まれ、需要の増減、供給の増減により、外国為替市場で、その都度、為替レートが上がり下がりすることになります。


外国為替取引の約9割が投機取引です。

外国為替取引は、貿易取引、資本取引、投機取引(スペキュレーション)ですが、貿易及び資本取引(企業が行う輸出入や投資)は、実際取引がおこなわれている経済活動で、投機取引は経済活動がともなわない投機です。

この投機取引は銀行を中心に行われています。

この行為が市場に厚みをもつ効果につながり、通貨の「需要」と「供給」バランスよく保つ機能があります。


為替の固定相場制と変動相場制とは?

為替とは、通貨の交換という意味で、通貨を交換する場所のことを外国為替市場といいます。

ご存知のように国々はそれぞれ自分の国内で流通する通貨を持っています。
商品やサービスを交換する際に物々交換では、物の流通はなかなかうまくいかず、お金という価値基準をもうけて、このお金を流通させることで、商品やサービスの移動をたやすく行うことになりました。

・固定相場制は為替レートが一定している。
・変動相場制は為替レートが市場により自由に動く。
・管理変動相場制は一定の範囲内で中央銀行によって管理されている。

現在は変動相場制を施行されていますが、1971年まで1ドル360円の固定相場制を取っていました。

国際的な流通が活発になり、とても固定相場制では、うまく機能せず、日本では、1973年に変動相場制に移行し現在に至っています。

この記事のカテゴリーは「外国為替取引について」です。
外国為替取引の基礎知識、必要事項をまとめてみました。外貨預金、外国為替証拠金取引FXなどを始める前に、外国為替そのものの基礎を理解しておきましょう。
関連記事

外国為替のディーリングについて

ディーリングの基本中の基本は、損を食い止めることです。損切り(ストップロス)をいかに管理するかです。金融機関のディーラーは、個人の範囲の中で、ここまで許されるロスの許容範囲があります。その金額を超えて...

外国為替とは? 外国為替取引が行われるのは?

外国為替とは?ビットとオファーレートとは? 

fxに勝つ外国為替市場の性質と外国為替相場の変動の読み方について

外国為替市場,変動

外国為替とは? 外国為替取引の約9割が投機取引

外国為替とは?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索