トップ > 金融用語集 > fx・金融取引関係用語集〜「あ行編」

fx・金融取引関係用語集〜「あ行編」

「上がる」とは?

一般には、「円が上がる」という場合、円高(ドルの下落)を意味しますが、
外為市場ではドル/円が上がる(ドル高)という意味で使われることが多いです。ドル/円のドルを省いているわけで、為替ディーラーの会話ではこの方が一般的です。


「アク抜け(あくぬけ)」とは?

相場が下がる原因になっている悪い情報が出尽くして、株価が底を突いたことをいいます。料理で食材を煮込んだ際に出る「アク(灰汁)」が抜けると美味しくなるように今後、株価が良い状態になることを意味します。


「アジア通貨危機」とは?

1997年のタイバーツの切り下げに端を発した通貨危機です。多くのアジア諸国の通貨が売られ、通貨の切り下げや通貨制度の変更を余儀なくされました。
経済のみならず、政治や社会の混乱も招きました。自国通貨の買い支えのため外貨準備を使い果たし、デフォルト状態に陥った国もありました。


「アセット・アロケーション」とは?

アセット・アロケーションとは、運用資金の総額を内外の株式や、債券、短期金融商品など各種資産に適切に配分することです。通常、投資家の投資目的やリスク許容度を判断して投資環境や投資対象の評価分析を行い、最適な資産配分比率を決定します。資産配分比率を決める方法としては、過去一定期間の投資効果、相関係数等をもとに、その傾向が、今後とも続くと仮定して、効率的配分比率を求めます。そして、投資家が期待する投資効果における、最もリスクが小さくなるようなポートフォリオなどを求めます。


「甘い(あまい)」とは?

相場が下げ基調の状態で、市場価格が全体に安い状態です。「脇が甘い」にという言葉と類してスキがあり引き締まっていない状態をいい、相場の値動きが大きく下げるでもなく少しずつ下落して締まらない状態をいいます。さらに下げ幅が小さい場合「小甘い」といいます。


「安定化協定」(The Stability Pact)とは?

「安定化協定」とは、The Stability Pact、つまり「安定と成長の協定」の意味ですが、「安定化協定」と略すことが多いようです。


「アライバル・ビル」(Arrival Bill)とは?

貨物の到着後に支払われる為替手形のことです。約定品が到着したうえ船積書類と引換えに支払われる条件の手形を言います。


「アスクレート」とは?

金融商品を売ってもらうときの値段のことです。売買の量等によって値段が異なる場合があります。
アスクレートの類義語としては、「オファーレート」、反対語としては、「ビッドレート」になります。


「預り証券」(あずかりしょうけん)とは?

預り証券とは、倉庫営業者が貨物の預け主(寄託者)の請求によって発行する「受託貨物の預り証」のことをいいます。商法では倉庫業者は預け主の請求によって預り証券のほかに、預け主が寄託貨物を質入するために必要な
質入証券の発行を認め(商法第598条)、さらにこの預り証券と質入証券を一券にした倉庫証券の発行を認めています(商法第627条第1項)。倉荷証券は一般用語として倉庫証券と呼ばれ、現在預り証券と質入証券の発行はほとんど行われず、もっぱら倉庫証券が発行されています。


「預かり円」(あずかりえん)とは?

手数料や値引き金などを対外送金せずに、国内で保留して、国内でその外国商社に利用されるものをいいます。


「後払方式」(あとばらいほうしき)とは?

取立方式のことです。送金為替の支払資金の求償方式として、被仕向銀行が支払実行後に仕向銀行に求償する方式をいいます。


「アービトレイジ」(arbitrage)とは?

相場の値鞘(ねざや)を利用して利益を得る取引を「アービトレイジ(裁定取引)」と呼びます。2つの市場間で同一の商品を取引すると、それぞれ価格が異なることがあります。商品が割高になったものを売って同時に割安なほうを買という取引方法です。
理論上は、ノーリスクで利益を得る事が出来るわけですが、この理論に基づいてレートが建つのは、規制が無く資本移動が自由に行なわれる市場に限ってです。
同義語としては、「アービトラージ」、「アービトレージ」という表現もあります。


「アウトライト取引」とは?

直物を売ると同時に、先物を買う、または、直物を買うと同時に先物を売るという取引をスワップ取引といいますが、アウトライト取引は、その反対で、
単なる直物や先物の取引を行なう事いいます。


「相対取引」とは?

外国為替市場では、株式市場のように特定の場所での取引は行なわれません。外国為替の市場では、相対の関係で取引が行なわれます。つまり「相対取引」は売り手と買い手が相対(一対一)で交渉し、値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法を言います。


「アウトライト」とは?

利ざやを目的として、先物予約取引や直接取引きを行い、価格の上昇又は下降によってのみ、利益を獲得する取引をすることを言います。

この記事のカテゴリーは「金融用語集」です。
fx外国為替証拠金取引はじめ、金融取引には専門用語がたくさん出てきます。それら金融関連の用語集をまとめてみました。
関連記事

オプションとは?追証とは?fx・金融取引関係用語集〜「お行編」

「オプション」とは? オプションの基本形は、コールの買いと売り、プットの買いと売りの4種類あります。複雑そうに見える商品でも、分解すればこの基本形に分けられる。 逆にいえば、この4つの基本形を組み合せ...

円高・円安・円為替 fx・金融取引関係用語集〜「え行編」

「役務賠償」とは?(えきむばいしょう) 賠償支払方法の一つで、賠償の支払いには下記があります。 ・現金賠償、 ・現物賠償、 ・役務賠償 第二次世界大戦の賠償の特徴は役務賠償が登場したことです。これは、...

受取勘定の建て方ほか fx・金融取引関係用語集〜「う行編」

「受取勘定の建て方」 自国貨幣を外国為替相場の基準単位とし、これに対して外貨をいくら受け取るかという「建て方」のことをいいます。 「うち為替」とは?(一部為替) 貿易上、輸出品の代金の一部を手形金額と...

インボイスとは?インターバンクとは?fx・金融取引用語「い行編」

「インベストメントバンクとは? (Investment Bank) インベストメントバンクとは、一般に「投資銀行」といわれていますが、具体的には欧米の巨大証券会社を指すことが多いです。多数の顧客を抱え...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索