トップ > 低・中レバレッジスワップ戦術 > 変額レンジ・フォワード戦略とは?

変額レンジ・フォワード戦略とは?

オプションをヘッジするときの問題のひとつにプレミアムがあります。ヘッジをかれればかならずプレミアムを払わなければなりません。このプレミアムをなんとか安くする方法はないかと考えられたのがレンジ・フォワードです。

このレンジ・フォワードをより有利なレートでヘッジする方法があります。変額レンジ・フォワードです。変額レンジ・フォワードは、オプションを買う額を1とすると売る額を2倍,3倍と増やすやり方です。同額を売却するよりも有利な行使価格で設定できます。

例えば、輸出企業を例にとり説明しましょう。ドルプット(ドル売り)円コール(円買い)を行使価格95円で100万ドル買います。プレミアムは2.00とします。プレミアムの支払い額は200万円です。そこで、行使価格110円のドルコール(ドル買い)円プット(円売り)のオプションを200万ドル売ります。プ

レミアムは1.00とします。プレミアムの受け取り額は200万円で、オプションのプレミアムは同額なのでプレミアムは相殺でゼロです。満期日のときに、もしも直物レートが95円以下である場合は、オプションで購入していた100万ドルを95円で売ります。

直物レートが95円から110円の範囲内であれば、オプションを行使せず、市場レートで100万ドルを売ります。110円以上の場合は、110円で200万ドルを売ります。どうゆうことかと言うとドルコールの売却の行使価格が上がるほどプレミアムは小さくなるので、ゼロコストにするために売却額を増やします。

そうなるとドルコールの行使価格が上がることで、それだけ有利な為替レートでドルを売却できます。しかしながら、市場の為替レートが行使価格以上になっていた場合、行使価格で多くの金額を売らなければなりません。ヘッジするドルを多く持っている企業はいいのですが、そうでないと必要以上にヘッジをすることになります。

この記事のカテゴリーは「低・中レバレッジスワップ戦術」です。
FX外国為替取引において、低レバレッジから中レバレッジでのスワップ金利狙いの戦術についてです。あくまで最終判断と結果責任は事故の元においてお願いいたします。あくまで参考としてご利用下さい。
関連記事

FX取引の投資の考え方と手法について

FX取引の投資の考え方と手法について FX取引の投資の考え方と手法について考えて見ましょう。その前に、まずは一番身近のところで、株式がありますが、例えばこの株式投資を行なう場合に、企業の業績を知り、投...

fxスワップ戦術-中レバレッジスワップ投資術でのスワップ金利狙い

中レバレッジ,スワップ投資術,スワップ金利狙い

fx低レバレッジのスワップ投資術でスワップ金利を狙おう!

低レバレッジス,ワップ投資術,スワップ金利

バリアオプション戦略とは?

バリアオプション戦略

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索