トップ > 基礎と実践 > FX外国為替証拠金取引の注文の仕方

FX外国為替証拠金取引の注文の仕方

FX外国為替証拠金取引の注文の仕方についてです。

指値・成行

「指値」は英語でリミットオーダーと言って、あなたの指定した値段か、それより有利な条件の場合だけ約定する注文方法。自分はこの値段になったら買いだとか売りだなどの条件をあらかじめ取引会社に指定しておく方法です。パソコンや携帯電話の画面を常に見られる人意外はこの注文方法が一般的だと思います。
「指値」と異なり「成行」取引はプライスオーダーといわれており、パソコンや携帯の画面に表示されているレートを見ながら売買したい値段になったらクリックして約定する注文方法です。株式取引のデイトレードと似ていますが、注文が成立する前に約定価格を確認できる点が株式取引の「成行」取引と少し違います。

逆指値

文字通り「指値」と反対のことをすることです。いわゆる「損切り」のことで、損失をむやみに増やさない合理的な?注文方法だと思います。外国為替証拠金取引を行っているならば、ほとんどの場合「アメリカドル」を保有していることが多いと思いますが、この時に円高ドル安になった場合、損失が発生します。もう少し待てばドルが値を上げるだろうなどと考えてドルを保有し続けると痛い目に遭います。ここは潔く損を覚悟でロスカットして次の取引に備えるべきで、そのためにも「逆指値」をしておくことは重要です。

IFD

新規の注文のときに決済をセットで発注する注文方法で、今現在のドルの値段が100円で105円になったら買いで、その後ドルが更に110円になったら売りに出すといった少し複雑な注文方法です。この方法だと売買のタイミングを希望に沿った形で行えて、会社の仕事に差し支えることも少なくなります。

OCO

買いポジションのときに、希望する値段になったときに決済してもらう「指値注文」と狙いどおりにいかないで損切り(ロスカット)を決済してもらう「逆指値注文」を一緒に注文する方法です。「W指値」ともいわれ、英語の(One Cancels the Other)の頭文字をとったものです。

IFO

新規注文のときに「指値注文」と「逆指値注文」を同時に発注する方法。IFDとOCOを合わ
せた注文方法です。

この記事のカテゴリーは「基礎と実践」です。
fx外国為替取引の基礎知識と実践への入り口に関する情報を整理してまとめてみました。レバレッジ、つまり小額投資で大きいビジネスができるのがfxですが、どんな投資案件でもリスクは付き物です。基礎を固める、基礎知識を積んでおくことが大切です。
関連記事

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について調べたことをまとめてみました。 fxの基本勉強が終わったらfx取引を始めたくなると思いますが、fx取引の方法似は...

FXの確定申告と税金について

確定申告のシーズンでので、FXの確定申告と税金について取り上げてみます。FX取引が順調で、ある程度の利益を生むことができるようになってくると、FX取引の確定申告をする必要があります。FXの確定申告には...

くりっく365を正しく知り、くりっく365を利用しましょう。

くりっく365を取り上げて、くりっく365の仕組みやその利用法などを知りましょう。くりっく365とは、fx為替証拠金取引の公設市場(取引所為替証拠金取引)のことで、それまでいろいろとトラブルが耐えなか...

スワップとレバレッジ〜FX(外国為替証拠金取引)の実践

スワップとは?,FX外国為替証拠金取引,レバレッジ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索