トップ > 基礎と実践 > スワップ取引がなぜ行われるかについての理由ほか

スワップ取引がなぜ行われるかについての理由ほか

スワップ取引がなぜ行われるかについての理由

スワップレートは、二つの通貨の金利差で決まります。そのスワップレートがどちらかの通貨の金利が変ることで、金利差、スワップレートが変ります。

この金利差を利用して、スワップ取引してリスクなく儲けます。このように金利差の予測をして利益を上げようとするわけです。

また、銀行が外貨の資金を作るために、直物で変換すると為替リスクがあるため、スワップ取引(直物ドル売り円買い、3ヶ月先物ドル買い円売り)します。

ここで、資金のコストを確定します。この際、銀行は市場より安くドルを手に入れることができれば、スワップの優位性が出せます。

この他にも先物取引が発生したポジションをカバーする場合、直物ポジションを持ち越す場合、金融商品へのヘッジする場合、スワップ取引を利用します。

以上のことから、スワップ取引が行われるわけです。

先物相場がどのように決定するのかについて

先物相場は、直物相場とスワップレートによって決定されます。

1.直物相場の変動
2.金利差の変動

6ヶ月の各通貨の金利差がわかれば、先物レートがプレミアムかディスカウントかわかります。

先物がディスカウントの場合:先物レート=直物レート−スワップレート

金利の高いほうの通貨は、金利の低いほうの通貨に対して先物でディスカウントになります。スワップレートのビット(買値)がオファー(売値)より高い場合。

先物がプレミアムの場合:先物レート=直物レート+スワップレート

金利の低いほうの通貨は、金利の高いほうの通貨に対して先物でプレミアムになります。スワップレートのビット(買値)がオファー(売値)より低い場合。

(例) ドルに対する日本円の6ヶ月先物レートのビットとオファー

直物レート($ / 円) : 1.1050-55
スワップレート(6ヶ月) : 75-70

$ / 円の6ヶ月の先物レート
1.1050−0.0075 = 1.0975(ビット)
1.1055−0.0070 = 1.0985(オファー)

顧客相場の決定のしかたについて

顧客相場の決定のしかたは、次の二通りあります。

1.銀行間レート

銀行は顧客に対して銀行間レートに手数料を加味して建値します。銀行間レートは瞬時に動いています。大口の顧客には、この方法が取られています。手数料は1銭程。

2.固定レート

一日固定でレートが建値されています。一般の小口の顧客が対象です。銀行の窓口で外貨を売買する場合はこの方法が適用されます。


午前10時頃の銀行間レートで売買レートが決定します。
例えば、銀行間市場取引が、1ドル=110.25円とします。

売値はこれに1円を加えた111.25円が外貨送金やトラベラーズチェックなどのTTSレートになります。現金の売りの場合は、3円を加えた114.25円です。

買値はこれに1円を引いた109.25円が外貨送金やトラベラーズチェックなどのTTBレートになります。現金の買いの場合は、3円を引いた108.25円です。

この手数料は、銀行が自由に決めています。銀行によって、または通貨によっても銀行の手数料も違います。但し、ドルについては同じ手数料の銀行が多いのが実情です。

この記事のカテゴリーは「基礎と実践」です。
fx外国為替取引の基礎知識と実践への入り口に関する情報を整理してまとめてみました。レバレッジ、つまり小額投資で大きいビジネスができるのがfxですが、どんな投資案件でもリスクは付き物です。基礎を固める、基礎知識を積んでおくことが大切です。
関連記事

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について調べたことをまとめてみました。 fxの基本勉強が終わったらfx取引を始めたくなると思いますが、fx取引の方法似は...

FXの確定申告と税金について

確定申告のシーズンでので、FXの確定申告と税金について取り上げてみます。FX取引が順調で、ある程度の利益を生むことができるようになってくると、FX取引の確定申告をする必要があります。FXの確定申告には...

くりっく365を正しく知り、くりっく365を利用しましょう。

くりっく365を取り上げて、くりっく365の仕組みやその利用法などを知りましょう。くりっく365とは、fx為替証拠金取引の公設市場(取引所為替証拠金取引)のことで、それまでいろいろとトラブルが耐えなか...

スワップとレバレッジ〜FX(外国為替証拠金取引)の実践

スワップとは?,FX外国為替証拠金取引,レバレッジ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索