トップ > 基礎と実践 > 外国為替証拠金取引業者を比較する9のポイントとは?

外国為替証拠金取引業者を比較する9のポイントとは?

外国為替証拠金取引業者を比較する9のポイントとは?

外国為替証拠金取引を行う際に必要となる会社選びのポイントについて考えて見ましょう。

外国為替証拠金取引に参加する個人の割合が急速に増えると同時に、外国為替証拠金取引をサービスとして提供する金融、証券会社も急拡大し、現在300社近くにのぼると言われています。

選択肢が増えることは利用者にとってありがたいですが、あまりに多いと今度はどの会社がいいのか迷ってしまいます。

そこで、利用するサービスを比較する際の基準を9ポイントにまとめてみました。


安心度の比較をしましょう。

1.金融先物取引業者登録の有

2006年1月以降、外国為替証拠金取引業務を行うことが出来るのは、登録を受けた金融先物取引業者と、登録の申請書を受理し審査中の金融先物取引業者となりました。登録のない業者は要注意です。

2.2WAYプライス表示

2WAYプライスとは、現在の為替の売りと買い双方のレートのことです。
2WAYプライスが表示されていないと、「買ったはいいけれど、現在いくらで売れるかわからない」ということもあります。

3.信託保全サービスの有無

信託保全とは、会社の資産と利用者の資産を分けて管理する方法のことです。
導入されていれば会社に万が一の事があっても預けている資産が守られます。
これは、当たり前のようにも思えるが、実態はそうでもないらしいのでよく調べる必要がああります。


情報の比較を行いましょう

4.マーケット情報の充実度

株でも為替でも、相場で勝つためにはいち早く重要な情報を入手することが重要ですね。

情報は、命です。
マーケット情報サービスにどのようなものがあるかは確認しておきたいものです。

5.チャート分析ツールの機能

チャート分析は為替取引でも有効です。
豊富な分析ができるか?このあたりも、要チェックポイントになります。


儲けの比較を怠らないように

6.取引手数料体系

取引手数料が安ければそれだけ利益も上げやすいはずです。
当たり前のことですが、面倒がらずにこまめにチェックいたしましょう。

7.スワップ金利の高さ

スワップ金利は外国為替証拠金取引の大きな魅力の一つでしたね。
各社によってスワップ金利は異なりますので、これも見逃してはなりません。
8.スプレッド

スプレッドとは買値と売値の差のことです。
スプレッドが狭いほど小幅な値動きで利益を上げやすくなります。

9.レバレッジ倍率

レバレッジ倍率が100倍であれば、1万円の入金で100万円分の取引ができます。

アクティブな投資家には高レバレッジの会社がお薦めですが、その反面のリスクと背中合わせであることをくれぐれもお忘れなく。

この記事のカテゴリーは「基礎と実践」です。
fx外国為替取引の基礎知識と実践への入り口に関する情報を整理してまとめてみました。レバレッジ、つまり小額投資で大きいビジネスができるのがfxですが、どんな投資案件でもリスクは付き物です。基礎を固める、基礎知識を積んでおくことが大切です。
関連記事

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について調べたことをまとめてみました。 fxの基本勉強が終わったらfx取引を始めたくなると思いますが、fx取引の方法似は...

FXの確定申告と税金について

確定申告のシーズンでので、FXの確定申告と税金について取り上げてみます。FX取引が順調で、ある程度の利益を生むことができるようになってくると、FX取引の確定申告をする必要があります。FXの確定申告には...

くりっく365を正しく知り、くりっく365を利用しましょう。

くりっく365を取り上げて、くりっく365の仕組みやその利用法などを知りましょう。くりっく365とは、fx為替証拠金取引の公設市場(取引所為替証拠金取引)のことで、それまでいろいろとトラブルが耐えなか...

スワップとレバレッジ〜FX(外国為替証拠金取引)の実践

スワップとは?,FX外国為替証拠金取引,レバレッジ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索