トップ > 外国為替取引について > 外国為替相場の変動の読み方について(続き)

外国為替相場の変動の読み方について(続き)

外国為替相場の変動の読み方について(続き)


1.政治的な要因を考慮しましょう。

国がどのような為替政策を考えているかによって、為替レートに影響を及ぼしています。

例えば、円安志向でいくのか、円高志向でいくのか、その時々の経済状況によるところが大きいですが、政府の政策によっても為替レートに影響を与えます。

また、国の安全政策はどうか。対外政策はどうか。他の国々とは、友好関係を築いているか。貿易協定は進んでいるか。
国の治安はどうか。等々国の評価を例えば、日本円としての通貨で評価する向きがあります。

また、政治がダイナミックに変革されるときも、例えば、政権交代や世代交
代がおこったときに為替レートは動きます。
期待感でもって動いたり、不安感でもって動いたりします。


2.経済的な要因を考慮しましょう。

国の景気、不景気はどうかというように国の経済状態が他国と比較してどうかによって為替相場に影響を及ぼします。

景気がよくなれば、投資するための資金が入ってきます。逆に不景気だと、資金は流出します。

日本に置き換えますと、景気がよくなると、日本円が買われますので、円高になります。逆に景気が悪いと、日本円が売られ、円安になります。
そのため、よく、政府が発表している、景気の指標、例えば、失業率、物価指数、GDP、貿易収支など、定期的に発表される指標によって、為替レートは値動きします。

経済状態が上向きなら、買いの要因。下向きなら、売りの要因です。経常収支は黒字が拡大すると通貨は高くなります。逆に経常収支が赤字になると、通貨は安くなります。

また、株価の動き、金利の動きによって、為替相場は値動きします。株価は企業の業績に反映されますので、企業業績が上がる、今後上がる可能性があるとすれば、

企業価値は高く評価され、それにつられ、通貨も高く評価され、買い要因になります。金利も上昇すれば、経済的に強いことを意味します。金利の高い国に資金が流れます。

国の金利政策は、定期的に自国の委員会で話し合われ、金利の利率を上げるのか、下げるのか、そのままかと判断を下し、施行しています。
特に経済と為替に大きな影響があるのは、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)です。年八回開催され、ここでの発表が為替相場に影響を及ぼします。
このように株価や金利の動向を見て、為替相場を読む際の判断基準になります。


3.為替市場への国家の介入に注意しましょう。

国の繁栄の要因として経済力があるということが、国民の豊かさにつながります。この経済力は外国との貿易(輸出、輸入)によって生まれますが、その取引には通貨が使用されています。あたりまえのことです。この通貨が急激に上昇したり、急激に下降したりしたら、物、商品の価格が大幅に変化します。

例えば、何かの大きな要因によって、US1ドル、日本円100円が、US1ドル、日本円で120円に急激に20円、円安に動いた場合、ある外国の商品をUS100ドルで購入したときに10,000円であったものが、12,000円に値上がりしてしまいます。

企業では、とてつもない金額を輸入したり、輸出したりしていますので、為替相場が急激に値動きすることで、多大な損害をこうむることが考えられます。

そのことが、国の景気に大きな影響を与えます。

それゆえに、それを防ぐために、通貨当局(財務省、日銀)が市場介入(為替介入)をして、急激な値動きにならないように買い支えたりします。

また、自国の通貨ばかりではなく、外国の通貨を世界的にささえなくてはならない場合は、各国協力して市場に介入します。このことを協調介入といいます。

こういった協調介入は先進国首脳会議(サミット)やG7といわれる先進7カ国の財務省、中央銀行総裁会議で話し合いが行われます。


4.投機筋の動きにも注意を向けましょう。

昨今、為替相場の動向に影響力を与えているのが、投機筋です。投機筋の動向によっても為替は、値動きをします。注意が必要です。
よく新聞等で「投機筋の動向により●●が値を下げた。」のような記事を見かけます。

この投機筋は、為替相場の値動きによって大金をつぎ込み、短期的に儲ける人たちです。主流は海外系のファンドやヘッジファンドのグループのようです。

投機筋の要因により、為替相場は値動きします。

こういった諸要因で為替市場、為替相場は変動しています。

この記事のカテゴリーは「外国為替取引について」です。
外国為替取引の基礎知識、必要事項をまとめてみました。外貨預金、外国為替証拠金取引FXなどを始める前に、外国為替そのものの基礎を理解しておきましょう。
関連記事

外国為替のディーリングについて

ディーリングの基本中の基本は、損を食い止めることです。損切り(ストップロス)をいかに管理するかです。金融機関のディーラーは、個人の範囲の中で、ここまで許されるロスの許容範囲があります。その金額を超えて...

外国為替とは? 外国為替取引が行われるのは?

外国為替とは?ビットとオファーレートとは? 

fxに勝つ外国為替市場の性質と外国為替相場の変動の読み方について

外国為替市場,変動

外国為替とは? 外国為替取引の約9割が投機取引

外国為替とは?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索