トップ > 基礎と実践 > 外貨投資のコストとは?

外貨投資のコストとは?

外貨投資のコストとは?

外貨投資の際には、手数料などのコストがかかります。コストはどのようなものがあるのか、どのくらいかかるのかを見てみましょう。

外貨投資により得られる利益は2通りあります。

1.金利等の利息
2.為替の差益

これらの利益から差し引かれるコストは、手数料と税金です。

まず、外貨投資>は、日本円を売り、外貨を買います。そのときに手数料がかかります。手数料は、取り扱っている金融機関によって違います。

手に入れた利息や為替差益などに税金がかかります。
また、取り扱い業者によって、このほかに管理料をとるところもあります。
ここで、はじめての利益の確定です。コストがいくらかかるのかはチェックしておきましょう。


外貨投資商品について

外貨投資には、どのような商品があるのでしょうか?

「外貨預金」

外国のお金で預金をします。「外貨預金」や「定期預金」
日本より高い金利が魅力です。為替差益も狙えます。

「外貨建MMF」(マネー・マーケット・ファンド)

外国の国債や公社債などを組み合わせて運用する投資信託です。手数料も安く一般に馴染みやすい商品です。

「外国の債券」

外国の債券です。政府や企業などが発行している債券を買って満期(償還期)を迎えると利息がもらえる商品です。

「外国株式ファンド」

外国の株式に投資する投資信託(ファンド)です。いろいろなタイプがあります。いろいろな産業やいろいろな国々に投資を広げられます。

「外国為替証拠金取引(FX)」

証拠金をあずけて数倍の取引が行えます。少ない投資で大きな利益を儲けることが可能です。儲けのチャンスが多い商品です。

この他にも、外債ファンド、外国株式投資等があります。


外貨預金とは?

低金利の日本と比較して、高金利の外貨で預金すれば、日本円で預金するより多くの利息が受け取れる可能性があります。

海外の通貨で銀行に預金することを「外貨預金」といいます。

金融資産を外貨で持つことで、リスクヘッジになります。将来、日本円の価値が下がり、円安になった場合、外貨で持っていれば、自分の金融資産の価値を維持できます。ひとつの通貨で資産をもつことはリスクがあります。

外貨預金には以下の種類があります。

「普通預金」

日本の銀行に預金をしているのと同じです。好きなときに預金をして、好きなときに引き出すことができます。しかしながら、金利は低めに設定されています。

「定期預金」

日本の定期預金と同じです。期間と金額をあらかじめきめてあり、満期(償還期間)まで預けます。途中で解約すると普通預金の金利になります。

※手数料が高いために外貨の商品の中では、ネックです。

FX外国為替証拠金取引が人気なのが少し、お分かりいただけてきたでしょうか

この記事のカテゴリーは「基礎と実践」です。
fx外国為替取引の基礎知識と実践への入り口に関する情報を整理してまとめてみました。レバレッジ、つまり小額投資で大きいビジネスができるのがfxですが、どんな投資案件でもリスクは付き物です。基礎を固める、基礎知識を積んでおくことが大切です。
関連記事

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について調べたことをまとめてみました。 fxの基本勉強が終わったらfx取引を始めたくなると思いますが、fx取引の方法似は...

FXの確定申告と税金について

確定申告のシーズンでので、FXの確定申告と税金について取り上げてみます。FX取引が順調で、ある程度の利益を生むことができるようになってくると、FX取引の確定申告をする必要があります。FXの確定申告には...

くりっく365を正しく知り、くりっく365を利用しましょう。

くりっく365を取り上げて、くりっく365の仕組みやその利用法などを知りましょう。くりっく365とは、fx為替証拠金取引の公設市場(取引所為替証拠金取引)のことで、それまでいろいろとトラブルが耐えなか...

スワップとレバレッジ〜FX(外国為替証拠金取引)の実践

スワップとは?,FX外国為替証拠金取引,レバレッジ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索