トップ > 基礎と実践 > 外国為替証拠金取引FXに関する法律について

外国為替証拠金取引FXに関する法律について

外国為替証拠金取引FXに関する法律について

外国為替証拠金取引FXは、もとはインターバンクと呼ばれる市場にてプロだけが為替の取引に参加できました。

それが1998年に改正外為法の施行により、個人投資家むけに外国為替証拠金取引(FX)が自由化、解禁されました。

それ以前は、銀行以外は、通貨の交換が認められていませんでした。
改正外為法の施行により個人が銀行以外の業者を通じてネットや電話取引によって、海外の通貨を自由に、しかも安い手数料で行うことが可能になりました。

しかしながら、いままで外国為替証拠金取引(FX)を取り扱う業者の中には悪質な会社がありました。個人投資家の中には多大な損害をうけるケースもみられました。

そこで、2005年7月1日から、金融庁が監督官庁になり、外国為替証拠金取引(FX)を規制する「改正金融先物法」が施行されました。

この法律により金融先物取引業者として登録された会社だけ外国為替証拠金取引(FX)が可能となり、個人投資家は安心して外国為替証拠金取引(FX)を行うことができるようになりました。電話で勧誘することは法律で禁止されています。

現在、外国為替証拠金取引(FX)を行う取り扱う業者は、専門的で安心できる会社や大手の証券会社もあり、より競争がきびしい状況に入りましたので、
お客様にとっては、よりよいサービスを受け取れるようになっていきます。


外国為替証拠金取引(FX)のリスク管理について

外国為替証拠金取引(FX)では、お客様に多大な損害を与えないため、ある範囲を超えると自動的に取引を決済します。

例えば、取引業者によって、この%は違いますが、証拠金の50%の損失が出た場合、お客様に最初に注意報を出します。このことをマージンコールといいます。この時点でお客様にどうするか判断を仰ぎます。

また、急激に80%を超える損失が出た場合、即、決済してしまいます。このことを自動ロスカット(ストップロスともいう)といいます。
お客様の損害を防ぐため、このマージンコール、ロスカットが採用されています。

この記事のカテゴリーは「基礎と実践」です。
fx外国為替取引の基礎知識と実践への入り口に関する情報を整理してまとめてみました。レバレッジ、つまり小額投資で大きいビジネスができるのがfxですが、どんな投資案件でもリスクは付き物です。基礎を固める、基礎知識を積んでおくことが大切です。
関連記事

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について調べたことをまとめてみました。 fxの基本勉強が終わったらfx取引を始めたくなると思いますが、fx取引の方法似は...

FXの確定申告と税金について

確定申告のシーズンでので、FXの確定申告と税金について取り上げてみます。FX取引が順調で、ある程度の利益を生むことができるようになってくると、FX取引の確定申告をする必要があります。FXの確定申告には...

くりっく365を正しく知り、くりっく365を利用しましょう。

くりっく365を取り上げて、くりっく365の仕組みやその利用法などを知りましょう。くりっく365とは、fx為替証拠金取引の公設市場(取引所為替証拠金取引)のことで、それまでいろいろとトラブルが耐えなか...

スワップとレバレッジ〜FX(外国為替証拠金取引)の実践

スワップとは?,FX外国為替証拠金取引,レバレッジ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索