トップ > リスクヘッジ・リスク対策 > 外国為替証拠金取引FXにかかる諸経費、税金・確定申告について

外国為替証拠金取引FXにかかる諸経費、税金・確定申告について

外国為替証拠金取引FXにかかる諸経費、税金・確定申告について

外国為替証拠金取引FXでは、証拠金を納めて、売買を始める場合、取引業者に手数料やスプレットの費用がかかることも念頭において売買を行いましょう。

実際、手数料は、どこの取引業者に口座を開設するかどうかの決め手のひとつにもなります。

手数料は買うとき、売るとき、それぞれ片道ごとにかかります。一回の決済(買って売る)に往復の手数料がかかるということになります。

取引業者によって違いがありますが、証拠金10万円で10倍のレバレッジで米ドル1万ドルを買った場合、片道の手数料が1,000円程度ですので、
往復(買って売る)で2,000円程になります。もっと安い業者も存在します。
為替差益(スワップ金利分も利益に含まれる)から手数料及びスプレットを引いた分が純粋の利益になります。

この純粋の利益、為替利益には、これに税金(雑所得)がかかります。ですので、コストがかかることを念頭において投資を行ないましょう。


外国為替証拠金取引FXの税金・確定申告とは?

外国為替証拠金取引(FX)で利益が出た場合、利益は「雑所得」になり、課税の対象になります。

1年間のトータルであげた売買利益(売買の差額で出た利益、スワップポイントで得た利益の合計から売買手数料を引いたもの)を確定申告しなければなりません。

ただし、年間トータルで赤字の場合は申告する必要はありません。ここでいう利益とは、ポジションを決済して得た利益で、利益が確定したものです。
年をまたいで、決済していなくてポジションをもっている場合は対象ではありません。決済した後の利益が対象です。

年間の給与収入額が2000万円以下の給与所得者で、しかも給与以外の所得が20万円以下の場合は確定申告する必要はありません。

最新の申告・納税については、国税庁のホームページの確定申告情報を確認下さい。

http://www.nta.go.jp

この記事のカテゴリーは「リスクヘッジ・リスク対策」です。
金融投資、株にせよ投資ファンドにせよFXにおいても、つねに投資リスクは付いて回ります。リスクヘッジ、リスク対策は日頃から意識しておかなければならない問題です。
関連記事

「ミスマッチポジション」為替ポジションと為替レートリスクについて

為替レートのリスクを考えていくと、リスク対策から反転攻勢して収益をめざす戦術も見えてくるのでしっかりと考えて見ましょう。為替レートのリスクは、同じ通貨の売りと買いを同額、同じ期間でもっていれば、為替レ...

外国為替相場変動のリスク管理の方法

外国為替相場変動のリスク管理の方法についてみていきましょう。為替レートのリスクの管理はどのように行われているのでしょうか?企業はリスクの管理をしておかなければなりません。問題はどのぐらいの額をリスクと...

通貨オプションによる為替相場変動リスクヘッジ方法について

為替相場変動リスクヘッジ方法について、今回は通貨オプションによる為替相場変動リスクヘッジの方法を調べてみました。 為替相場変動のリスクを軽減するためののリスクヘッジの方法にもいつくかありますが、通貨オ...

金融市場を利用しての為替相場変動のリスクヘッジ方法について

為替相場変動のリスクヘッジ方法について、今回は金融市場を利用してのリスクヘッジ方法を調べてみました。 為替相場変動のリスクを軽減するために、輸出業者や輸入業者は先物予約をしてリスクを確定してしまいます...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索