トップ > 基礎と実践 > fxでもリスク分散リスクヘッジの投資を

fxでもリスク分散リスクヘッジの投資を

fxでもリスク分散、リスクヘッジの投資を

外国為替証拠金取引FXが魅力的だからといって、fxのみに金融資産すべてを投資するのは、あまりにも危険です。

あくまで、いろいろな投資商品に分散化することが必要になります。

現金、株式、社債、金、不動産、貯金、預金等々いろいろな商品の中で分散化しましょう。配分はそれぞれの状況でおのおの違いますのでそれぞれ考えてみましょう。

ただし、外国為替証拠金取引FXも、最初は少なめの資金で始めて、経験を積みながら、実践感覚を養っていき、徐々に証拠金の金額やレバレッジを上げて投資していくようにしましょう。

安全運用から少しずつ積極的なより有利な運用へとシフトしていくのが賢明なやり方です。


外国為替証拠金取引FXのリスク分散投資とは?

外国為替証拠金取引FXのリスク分散投資を具体的に説明すれば、それは投資する通貨を分散するということです。

高金利のオーストラリア、ニュージーランドドル、機軸通貨として米ドル、欧州のユーロ、という具合に投資先を分散化することで、少しでもリスクを回避します。

これらの商品の比率を変化させながら投資することが基本中の基本です。

購入の仕方もいっぺんに買うのではなく、時期をみて何回か分散化して購入していきます。

購入を分散化することでリスクを回避し、資金の投資の仕方も分散化します。

レバレッジ1-2倍、3-5倍、10倍以上のように分け、証拠金の資金配分も、例えば、50%、40%、10%ようにします。

利益率は平均化していきますが、その分、リスクヘッジ、リスク回避ができます。

さらに、自分の得意の通貨ペアをもつことをお勧めします。

高金利の豪州通過、比較的安定的なユーロというようにあれもこれも、いろいろな外国通貨に手を出すのではなく、自分が得意となる通貨ペアをもちましょう。

これが勝率を上げるため、勝つためには必要です。

まずは、チャートを見て、それぞれの通貨ペアの動きを分析します。それによて、為替レートの波、トレンドを見ていきます。

そうすると、今現在がどのような動きになっているのか?といったことが、何年か前からのチャートからみていけば、わかるようになります。

そして、その中から、自分の得意な通貨を見つけて、集中的にやってみる分けです。

その後に、経験を積んできたら、いろいろな通貨の動きを観察しながら、時期的なもので通貨を追いかけていく。今、この時期はこの通貨ペアでいこう。
とか複数の通貨ペアを得意の組み合わせで儲けていきます。

この記事のカテゴリーは「基礎と実践」です。
fx外国為替取引の基礎知識と実践への入り口に関する情報を整理してまとめてみました。レバレッジ、つまり小額投資で大きいビジネスができるのがfxですが、どんな投資案件でもリスクは付き物です。基礎を固める、基礎知識を積んでおくことが大切です。
関連記事

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について

fx取引の方法IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)について調べたことをまとめてみました。 fxの基本勉強が終わったらfx取引を始めたくなると思いますが、fx取引の方法似は...

FXの確定申告と税金について

確定申告のシーズンでので、FXの確定申告と税金について取り上げてみます。FX取引が順調で、ある程度の利益を生むことができるようになってくると、FX取引の確定申告をする必要があります。FXの確定申告には...

くりっく365を正しく知り、くりっく365を利用しましょう。

くりっく365を取り上げて、くりっく365の仕組みやその利用法などを知りましょう。くりっく365とは、fx為替証拠金取引の公設市場(取引所為替証拠金取引)のことで、それまでいろいろとトラブルが耐えなか...

スワップとレバレッジ〜FX(外国為替証拠金取引)の実践

スワップとは?,FX外国為替証拠金取引,レバレッジ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索