トップ > 投資判断・材料 > 日銀利上げ、緩やかに

日銀利上げ、緩やかに

日銀利上げ、緩やかに

日本銀行の岩田一政副総裁は読売新聞のインタビューに応じ、今後の金融政策について「経済成長率や物価上昇率など日本経済がシナリオ通り動いていくことが確認できれば、ゆっくりとではあるが金利を次第に引き上げていく」と述べ、景気の拡大局面が続けば緩やかに利上げしていく方針を示しました。

追加利上げのタイミングについては、「年内なのか、年が明けてからになるのかは、入ってくるデータを確認しながら決めていく」と述べました。

その上で、「設備投資が過度に上ぶれすれば利上げテンポは少し早めるだろうし、米経済の減速が急激であればタイミングは少しゆっくりする」と述べ、内外の経済情勢に柔軟に対応する考えを強調した。追加利上げを占ううえで注目されています。

9月の企業短期経済観測調査(9月短観)については、

1.設備投資の強さが持続しているか 
2.原油価格の上昇がどの程度企業収益に影響を与えているか

に注目するとの考えを明らかにしました。

また、量的緩和策やゼロ金利政策の解除に慎重な立場を取ったとされる安倍官房長官が次期首相となることが確実になったことに関連し、「政府とは大いに議論するが、政策運営は自立的に決定していく」と語り、金融政策はあくまでも日銀の判断で行うとの考えを示しました。

そのうえで「物価安定下で経済成長を実現する日銀の政策運営をしっかりやることが、安倍政権の目指す民間部門のイノベーション(技術革新)による経済成長実現にもつながる」と述べました。
(インタビューは9月25日に実施)

この記事のカテゴリーは「投資判断・材料」です。
FX外国為替証拠金取引に限らず、金融商品、金融投資には、幅ひろい情報収集が欠かせません。投資判断材料になるような、また雑感めいたものを集めています。
関連記事

日銀利上げ、緩やかに

日銀利上げ,緩やかに

10/23-10/27のチェックすべき指標

ふだんの生活の中で、様々な経済活動を行っていますが、投資の判断材料にすべき指標というものがあります。 経済指標とは、経済成長率(GDP:国内総生産の伸び率のこと)、物価上昇率、失業率、財政収支の赤字(...

投資機会、投資の幅広がる〜金融デリバティブ上場規制緩和

投資機会,金融デリバティブ,上場規制,緩和

アメリカ利上げ終了間近のドル高?

アメリカ利上げ終了間近のドル高? 次回8月のアメリカの金融政策決定会議(FOMC)で利上げが継続されるのか、それとも停止されるのか?世界中の注目の的です。 アメリカは2004年以降2年以上にわたり利上...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索