トップ > 不動産投資 > 不動産における競売と物件について

不動産における競売と物件について

不動産における競売と物件について

不動産の世界では競売というものがあって、物件確保の際の一つの手段ということができる。

不動産は住む人がいて初めて成り立つが、例えばある不動産から、人がとんずらしたとする。

不動産を置き去りにする夜逃げというやつだが、物件が宙に浮いた形となる。

不動産の所有者は、たいていは負債を抱えていてその不動産・物件は債権者の手に渡る形となる。

不動産の債権者は物件を処理したい場合に、物件を売り出し、物件に注目した人たちが、不動産に値段を付けていく。

不動産の値段をできるだけ高い値段をつけた者が最終的に落札するのが競売である。

不動産の世界では競売はよく行われることではある。

不動産の世界に競売はなじみやすい、競売というスタイルが物件の処分には好都合だから、不動産の世界ではよく用いられるのが競売という物件処理のスタイルなのである。

なぜ不動産だと競売が物件処理に適している?


不動産の価値の幻影性?不動産の前項でも述べたように、幻影性があるので、競売という不動産物件において、不動産物件に興味のある人が、次から次へと値段をつけていく。

不動産における競売というのは、「競って売る」と書くが、希望者が奪い合うように、競い合って何とかその物件・不動産を自分の掌中に収めようとする。

それは非常に不動産物件の特性を考えてみてもらっても分かるように、もともと幻影なのだから、値段をあれやこれや競売してつけていっても、実態がない。ゆえに、他の人には何らの迷惑を及ぼさないのであるから、競売して物件を競り落としたらいいでしょ?と不動産業界では、競売の利便性がことさらに強調される。

物件がだぶついて困っている人たちにも、非常に有益なる機会を提供するのであるから、当該手法が頻繁に用いられるゆえんである。

この記事のカテゴリーは「不動産投資」です。
投資の一形態である不動さん投資についてまとめてみました。
関連記事

不動産投資信託・REIT(リート)は過熱気味か?

不動産投資信託が熱を帯びています。不動産投資信託はREIT(リート)と呼ばれますが、これは、Real Estate Investment Trustの頭文字の略です。 では、一般投資家の資金をオフィス...

不動産における賃貸契約の注意点とは?

不動産における賃貸契約の注意点とは?

不動産における土地家屋調査士とは?

不動産における土地家屋調査士とは?

不動産入門、アパートとマンション探しのコツとは?

不動産,入門,アパート,マンション,探し

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索