トップ > その他の金融投資 > 国際投資とは? 国際投資の実際は?

国際投資とは? 国際投資の実際は?

国際投資とは? 国際投資の実際は?

投資には、もちろん資産を増やす利殖の意味がありますが、財産保全、資産のリスクヘッジの面もあります。

国際投資とは、文字通りに投資対象を国内の金融商品だけではなく、海外にも持つことです。

金融商品は、世界的に数多く存在し、日本から投資できる証券や国際なども、かなりの数に上ります。

国際投資により、まだまだ経済的成長の最中である国へ投資し、大きな利益を狙ったり、テロや災害、戦争による国際的リスクを分散することができます。

国際投資はまた、各国の経済成長や経済循環のサイクルの違いを狙うこともできます。例えば、日本では不況のピークであっても、別の国では経済成長の真っ只中ということは少なくありません。

個人投資家が証券会社を通して始めやすい国際投資としては、各国の外貨や、アメリカ、インド、中国などの証券市場でしょう。


国際投資の実際とは?

国際投資に実際投資するには、自分で直接証券や国際を購入する以外に、国際投資信託に投資する方法もあります。

国際投資を個人で直接行う場合は、取引したい国の証券や外貨を取り扱っている証券会社に口座を開設します。外貨や国債であれば、銀行でも取引ができます。

口座を開設したあとは、証券や債権であれば、安いときに購入し、高くなったら売ることによる差益で利益をあげることは、国内の投資と変わりません。

急な政変や災害、戦争によるリスクにはすばやく対応できますが、それによる損失も考慮しておきましょう。逆に、そうした暴落で利益を上げることもできます。

国際投資信託の場合は、定期貯金のように保有期間が決まっていることがほとんどです。急な暴落などのリスクが少ない、安定した国で運用していることが多いようです。

購入する場合は、投資対象がどの国で運用するのか、その国の経済成長状態や、投資信託の運用成績などを事前に十分調査しておくといいでしょう。

この記事のカテゴリーは「その他の金融投資」です。
金融関係の投資法品には、比較的新しいFXのほかにも、豊富な種類があります。主だったものを取り上げてみます。
関連記事

外貨預金のリスクとは?

外貨預金のリスクについてです。 外貨預金は日本の銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能性があり、人気があります、しかも金融資産を分散することでのリスクヘッジになります。 しか...

先物取引と実態とは?

先物取引とは?

外貨投資の基本を知っておきましょう。

外貨投資の基本

商品先物取引の仕組みとは?

商品先物取引とは?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索