トップ > その他の金融投資 > 投資顧問とは? 投資顧問による投資判断とは?

投資顧問とは? 投資顧問による投資判断とは?

投資顧問とは? 投資顧問による投資判断とは?

「証券アナリスト」という肩書きを聞いたことはないでしょうか?

そう、投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、主に証券取引に関する専門知識を持つスペシャリストを指します。

証券取引に対する分析を担当したり、投資に対する助言を担当する場合もあります。

投資顧問は証券取引について、株相場の全体や、個々の企業の業績の現状を分析したり、本来の価値基準を計算したりして投資家に公表します。

投資家はその情報を、株価の割安・割高の判断材料にすることも多く、しばしば公表直後の大きな株価の変動を招きます。

投資顧問が顧客に直接投資助言をする形態は、近年のネット証券に発達により、あまり見られなくなりました。

以前は、証券会社で投資顧問を通して証券の売買が行われることが一般的でした。手数料が高く、1日に何度も売買することは少なかったようです。


投資顧問による投資判断とは?

投資顧問は、価格が常に変動する証券取引や、外貨、不動産などさまざまな商品の相場の現状を把握し、分析し、本来の価値を判断する専門家です。

投資対象は、その性質により、季節や気候により周期的に変動するものや、株価のように年単位で大きな波があるものまでさまざまです。

時には、同時多発テロのように事前に予測困難な地政学的リスクにより、1日で大きく変動することもあります。

投資家は、自分の調査や予想に基づいて証券などの売買をします。

近年のネット証券の流行により、爆発的に投資家数が増え、それに伴い、短期売買による早期の売買差益を狙う人が増えています。

投資顧問が分析結果を発表した直後は、投資家の注目が集まりやすく、発表内容と現在価格の差益を狙って、大きく株価が変動することも珍しくありません。

投資顧問の発表内容に対する過剰反応には注意が必要ですが、便乗して大きな利を得ている投資家もいるので、投資スタイルに合わせて、いろんな活用ができそうです。

この記事のカテゴリーは「その他の金融投資」です。
金融関係の投資法品には、比較的新しいFXのほかにも、豊富な種類があります。主だったものを取り上げてみます。
関連記事

外貨預金のリスクとは?

外貨預金のリスクについてです。 外貨預金は日本の銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能性があり、人気があります、しかも金融資産を分散することでのリスクヘッジになります。 しか...

先物取引と実態とは?

先物取引とは?

外貨投資の基本を知っておきましょう。

外貨投資の基本

商品先物取引の仕組みとは?

商品先物取引とは?

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索