トップ > 金融用語集 > fx・金融取引関係用語集〜「ら〜ろ行編」

fx・金融取引関係用語集〜「ら〜ろ行編」

fx・金融取引関係用語集〜「ら〜ろ行編」


「流動性リスク」とは?

市場での取引量が少ない通貨の為替ポジションを持った場合、反対取引をしたくても取引相手が見つからない場合があります。そのような市場で取引量が極端に少なくなり、取引が困難になるリスクの事を言います。


「リーガルリスク」とは?

金融商品や取引の契約が法的に無効になるリスクのことを言います。デリバティブが発達して、商品が多様化するにつれて法的なリスクは大きくなりました。


「リーズ・アンド・ラグス」とは?

為替相場の動揺が必至と予見される場合、危険防止や為替投機の手段として、輸出代金の取立てを早めたり、故意に外国への返金を遅らせることをいいます。


「利付き手形」とは?

手形支払人が、その支払いのときに、利子を加算して支払うよう手形面で指示された荷為替のことを言います。

「ルーブル合意」とは?

1987年2月にパリで開かれたG7会議では、為替相場を現状の水準で安定することが合意されましたが、これを「ルーブル合意」と呼びます。これによりプラザ合意でのドル高是正に終止符を打ち、これ以上のドル安は好ましくないとしたが、各国の政策協調も十分ではなく、ドルはその後も下落を続けました。

「レバレッジ(梃子・テコの効果)」とは?

梃子(テコ)を使って小さな力で大きな物を持ち上げるように、小さな金額で大きな金額の取引をすることを「レバレッジを効かす」といいます。デリバティブの特徴のひとつで、通貨オプションならば、オプション料を払えばその額の何倍もの金額のポジションを持つことも可能になります。外国為替証拠金取引では、業者によって異なるがレバレッジ1〜40倍が主流となっています。

例えば、レバレッジが5倍の場合、為替レートが¥100=1$であれば、
およそ10万円で$5000の外貨を運用する事が出来る分けです。


「レンジ フォワード」とは?

為替先物予約は満期日のレートに関係なく、一定のレート(ひとつのレート)で売買しますが、レンジ フォワードは満期日のレートによって売買するレートが異なります。オプションの売りを組み合わせるので、全体のプレミアムは安くなります。
レンジフォワード設置の背景には、オプションをヘッジ目的で使う場合の問題のひとつに、ヘッジコスト(プレミアム)の高さがあります。そこでプレミアムをなるべく安くする方法としてレンジフォワードが考えられました。

「ローリスク・ハイリターン」とは?

通貨オプションの購入は、リスクが限定され、収益機会が無限であることから、「ローリスク・ハイリターン」のように見えます。しかし、実際にはオプション料を高く感じる人が少なくありません。


「ロールオーバー」とは?

FXでは、特に決められた決済期限はありません。ロールオーバーと呼ばれる決済日が1日ずつ自動的に繰り延べられる仕組みを取り入れることで、好きなときに決済できるようになっています。


「ロシア金融通貨危機」とは?

ソ連崩壊後、市場経済化を進めていたロシアは、インフレと財政赤字に悩み、98年に国債価格が急落しました。国債での資金調達が難しくなった政府は危機打開のため、ルーブル切り下げや民間の対外債務の支払い凍結を発表しました。政治は混乱し、通貨、株、債券のトリプル安を招きました。


「ローソク足」とは?

チャートの表わし方に「ローソク足」と呼ばれる方法があります。寄り付き、高値、安値、終値をひとつのローソクの形に似た記号で表わすもので、株価チャートではお馴染みになっています。ローソク足は日本で考案されたもので、外為市場でも頻繁に使われるようになっています。


「ロスカットコール」とは?

ロスカットコールとは、証拠金維持率が20〜30%を割り込んだ時に、強制的に反対売買を行なう仕組みです。ロスカットルールが適用された場合は、レートに関係なく即座に売買が行なわれます。

この記事のカテゴリーは「金融用語集」です。
fx外国為替証拠金取引はじめ、金融取引には専門用語がたくさん出てきます。それら金融関連の用語集をまとめてみました。
関連記事

オプションとは?追証とは?fx・金融取引関係用語集〜「お行編」

「オプション」とは? オプションの基本形は、コールの買いと売り、プットの買いと売りの4種類あります。複雑そうに見える商品でも、分解すればこの基本形に分けられる。 逆にいえば、この4つの基本形を組み合せ...

円高・円安・円為替 fx・金融取引関係用語集〜「え行編」

「役務賠償」とは?(えきむばいしょう) 賠償支払方法の一つで、賠償の支払いには下記があります。 ・現金賠償、 ・現物賠償、 ・役務賠償 第二次世界大戦の賠償の特徴は役務賠償が登場したことです。これは、...

受取勘定の建て方ほか fx・金融取引関係用語集〜「う行編」

「受取勘定の建て方」 自国貨幣を外国為替相場の基準単位とし、これに対して外貨をいくら受け取るかという「建て方」のことをいいます。 「うち為替」とは?(一部為替) 貿易上、輸出品の代金の一部を手形金額と...

インボイスとは?インターバンクとは?fx・金融取引用語「い行編」

「インベストメントバンクとは? (Investment Bank) インベストメントバンクとは、一般に「投資銀行」といわれていますが、具体的には欧米の巨大証券会社を指すことが多いです。多数の顧客を抱え...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月16日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月11日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「fx会社」です。2008年03月09日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索